Home

視力低下の原因

みなさんは目、視力はいい方ですか?小さいころからずっとメガネやコンタクトを使用している人もいれば、年をとっても裸眼のままで大丈夫な人もいます。

視力が低下する原因には様々なものがあります。たとえば長時間めを酷使しすぎたり、ストレスや睡眠不足などの脳が関係していたり、目の外相によるもの、糖尿病などの別の病気による視力低下などが挙げられます。

視力低下の原因を紹介していきますが、紹介した中で自分が当てはまりそうなものがあれば、対策をしてみるものいいかもしれません。

パソコンの見過ぎ

現代社会では、長時間のパソコンでの作業を強いられる仕事が多くなってきています。パソコンで目を酷使していると、視力低下の原因になる恐れがあります。パソコンのモニターは焦点が近い位置にあるために、長時間、同じ動作を続けていると、目の調整機能が固定化してしまい、視力の低下を招くことになりかねません。そのため、パソコンでの作業では、一定の間隔で休憩を入れたいところです。

目は、休憩をとることで疲労が回復します。休憩の際には、できるだけ遠くを見ると、目の疲れがとれやすいです。遠くを見ると目の違う筋肉を使うために、疲労軽減になります。また、パソコンのモニターからは、ブルーライトと呼ばれる目を疲れさせる光が出ていることが分かってきました。ブルーライトを浴びることは、視力低下に繋がる原因となります。

しかし、最近ではブルーライトをカットしてくれるメガネが販売されるようになってきています。そうしたパソコン用のメガネを活用することで、できるだけ視力低下を抑止することが可能になっています。

睡眠不足

視力低下について睡眠不足とはかなりの因果関係があります。睡眠不足におちいると頭がぼんやりし情報が網膜に伝わる速度が遅くなりいつもよりも長時間に及ぶ作業になります。また睡眠不足では眠気をありますが通常のもののみえかたと違いかすみがでたり距離感の調節にも時間がかかります。脳自体が十分な休息をとれていないからです。

そのようコントラストなどのいろいろな面でも十分な睡眠をとっている脳と睡眠不足の脳とでは違ってきます。人間の身体を保つには6から7時間の睡眠が必要になります。人間が生きてゆくうえで睡眠とはエネルギーの一つです。

人間は朝目が覚めて活動を始めます 皆さんは当たり前になってますよね。起きたら見えるそのとおり起きて動いている間目は常に働き続けているのです。

そして眠くなり自然と目を閉じて寝てしまいます。これを無理に閉じようとする目を無理やりあけ、よく受験勉強などの学生や働きづめの大人のかた、とくにデスクワークの多い方などはよくあるとおもわれます。

ストレス

視力低下とストレスについての関係は自律神経の乱れは視力低下につながります。なぜなら人間はすべての機能を脳がさっちして指令をだし動く生き物だからですつまり目自体も眼球そのものがみてものごとをたのしんだり読んだりするのではありません。脳の指令により目は動いているのです。

よって腕が脳の指令で動くのと同じです。目自体も腕足その他の臓器と同じ様にストレスによる目の視力低下とはありうるということです。小学生などのじきから視力の低下がおきてくることが多いです。これの一つの原因はストレスによるものです。小学生はまだ人間の成長段階でまだまだ未熟でこの時期にいろいろな事をおぼえていきます。

小学生の中にはいまだに消えないいじめ、また子供ならではのデリケートなことを素直に言ってしまいます。しかし、まだ子供のため大人の様に心臓が強いわけではありません。素直なぶん傷つきやすくその傷はストレスとなります。小学生中学生から視力の低下が目立てのはそのような理由もあります。